19. 2月 2018 · 生存証明書に関するフランス大使館の決定について はコメントを受け付けていません。 · Categories: フランス年金

先日、フランス大使館より正式に、
今後の生存証明書の取得に関して発表がございました。

 

結果として、非常に残念なことに、今後フランス大使館では
郵送による生存証明の請求は、受け付けないこととなりました…。

 

なお、遠方にお住まいの方は、下記の方法で証明を取得していただくことになります。

①フランス大使館作成の書式を印刷
コチラからダウンロードできます。

②必要事項をローマ字で記入

③居住地の市区町村役所で、書式のグレー部分の記入を依頼

④下記3点を同封のうえ、フランス年金局へ返送
・記入してもらった書式(原本)
・フランスからの生存証明書(原本)
・身分証明書のコピー

 

なお、市区町村で署名してもらえなかった場合は、現状、
フランス大使館、もしくは京都領事館に出頭していただくほかございません。

(市区町村で署名してもらえなかった場合の対処法については、未だ調査中です)

なお、今回の決定については、フランス大使館のホームページもご覧ください。
https://jp.ambafrance.org/article6700

31. 1月 2018 · フランス年金 生存証明書の郵送取付について はコメントを受け付けていません。 · Categories: フランス年金

先日、京都のフランス領事館より、生存証明の取得方法について通達がありました。

フランス大使館およびフランス総領事館は、
フランス外務省より「生存証明手続きは、本人出頭により行う」との指示を受け、
今後、生存証明の認証方法が以下の1、または2の何れかの方法になる予定だそうです。

  1. ご本人のフランス大使館(東京)への出頭
  2. ご本人のフランス大使館(東京)または、フランス総領事館(京都)いずれかへの出頭

現在は未だ郵送により申請手続きを受け付けているそうですが、
大使館の方針が決まり次第、郵送等での申請手続きができなくなります。

 

次回の申請時には郵送での申請ができなくなる可能性がございますので、
事前に大使館または総領事館のホームページを確認してください。

 

遠方にお住まいで、直接フランス大使館や総領事館に行くのが難しい方も
多くいらっしゃるかと思いますが、現在、考えられる対処方法としては、
市区町村にお願いするしかないかと思います。

基本的に市区町村では「日本語以外の書類には証明しない」という
スタンスを取っているところが多いですが、
例外的に証明を発行してくれているところもあります。

 

なお、市区町村でも認証を断られてしまった場合の解決方法については、
現在、フランス年金局へ問い合せをしているところです。
何かわかりましたら、ご報告させて頂きます。

11. 1月 2018 · Bonne année 2018 ! はコメントを受け付けていません。 · Categories: その他

新年明けましておめでとうございます。

本年も、更なるサービスの向上に努めて参りますので、
より一層のご支援、お引立てを賜りますようお願い申し上げます。

Je vous souhaite une bonne année et une bonne santé !

26. 12月 2017 · 年末年始休業のお知らせ はコメントを受け付けていません。 · Categories: お知らせ

早いもので、今年も残すところ後わずかとなりました。
皆様の2017年は、どのような年でしたでしょうか?

 
当法人では、誠に勝手ながら下記の期間を年末年始休業とさせていただきます

2017年12月28日(木) ~ 2017年1月4日(木)

ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

24. 11月 2017 · フランス年金 2017年の物価スライド はコメントを受け付けていません。 · Categories: フランス年金 · Tags: , , ,

10月にフランス基礎年金の物価スライドが発表されました。
 
フランスの年金額は、毎年再評価されますが、
ここ数年は低インフレの影響で延期されていました。
 
今回の物価スライドでは、基礎年金について前年比0.8%のUPです。
11月支給分より年金額が改訂されます。
 
なお、補足年金については、少なくとも2018年11月まで、
ポイントの再評価は行われない予定です。

05. 9月 2017 · 【イギリス年金】生存証明書について はコメントを受け付けていません。 · Categories: イギリス年金

イギリス年金を受給されている方あてに、
最近、Life Certificate (生存証明書 – 申請書 CF(N)698)が送られてきていませんでしょうか?
生存証明書は、届いてから8週間以内に返送しないと、年金の送金が止まってしまいます。

イギリス年金の場合、フランスと違い、大使館では認証してもらうことができません。
イギリス在住の方は市役所、病院、警察署、弁護士事務所などで証明してもらうのが普通ですが、
日本では基本的に不可能です。

社会保険労務士法人すばるでは、生存証明書の認証が可能です!
イギリス年金の生存証明でお困りの方は、ぜひ、お気軽にお問合せ下さい。

手続き費用(新規の方・イギリス年金申請代行された方)
5,400円(証明・送料込)

【お問合せ先】
TEL 03-6264-4818
お問い合わせフォーム

31. 8月 2017 · フランス旅行記~結婚式~ はコメントを受け付けていません。 · Categories: フランス文化

夏休みをいただいて、久しぶりにフランスへ行ってきました。
旅の目的は、フランス人の友人の結婚式。

パリから電車で1時間の、こんな素敵なお屋敷(お城)で開催されました。

 
ちなみに、ご存知の方もいるかもしれませんが、フランスの結婚式は2日がかりです!
More »

05. 7月 2017 · フランスの遺族年金について はコメントを受け付けていません。 · Categories: フランス年金 · Tags: , ,

Bonjour,
最近、遺族年金に関してのご質問をいただくことが増えてきましたので、
今回のブログでは、受給条件等について簡単にお伝えします。

 

 受給条件 

● 結婚
遺族年金は、フランス年金を受給されていた(加入されていた)方が亡くなられた後、
その方と結婚されている、もしくは結婚されていた方に支給されます。

なお、補足年金については、申請者が再婚した場合、遺族年金は付与されません。
再婚直前まで遺族年金を受給されていた場合は、再婚後は受給できなくなります。

 

●年齢

基礎年金 55歳以上
補足年金 ARRCO 55歳以上
AGIRC 60歳以上(※)

※Agircは55歳まで繰り上げ受給が可能です。その場合、減額を伴っての受給となります。
ただし、条件によっては減額されない場合があります。

 

 受給金額 
More »

07. 6月 2017 · 基礎年金の子供手当について《Majoration maternité》 はコメントを受け付けていません。 · Categories: フランス年金 · Tags: , ,

Bonjour,
フランスの出産・子育て支援には、様々なものがありますが、
年金においても例外ではありません。

今回は、子どもを育てた場合に適応される、基礎年金の特別制度についてお知らせします
family

Majoration pour enfants
3人以上のお子様がいらっしゃる場合は、被保険者に10%の年金額の加算があります。

 

Majoration maternité
女性被保険者に適応される制度で、
フランス年金を申請される方が、「子を持つ母」の場合適応されます。
具体的には、育てた子ども1人につき4四半期(1年)※の保険加入期間の加算があります。
(une majoration de leur duree d’assurance)

※女性被保険者の状況により、最大8四半期(2年間)まで加算されます。
男性被保険者には加算されません。

基礎年金の受給金額の計算式上、加入期間が長くなると、その分、受給金額も多くなりますよ!

 

フランス年金について、詳しくは当方へお問い合せ下さい。
 ↓↓↓

お問い合わせはこちら

 

28. 3月 2017 · フランスの夏時間 はコメントを受け付けていません。 · Categories: フランス文化

Bonjour,
先日、26日はサマータイム(夏時間)に切り替わる日でしたね。

フランスにお勤めだった皆様はよくご存じだと思いますが、
フランスなどの欧州には夏時間と冬時間の制度があります。

今回のブログでは、そんな夏時間と冬時間についてお届けします。

夏時間と冬時間の切り替わりの日は、3月と10月にそれぞれ定められています。
夏時間は時計を1時間早め、冬時間はその早めた分を1時間遅らせて、元に戻します。

具体的な変更方法は下記です。

More »