b2v-logo800new

補足年金機関 B2V より年金を受給される方へお知らせです。

2015年12月14日より住所が変わりますので、直接にお問い合せされる方は以下の住所をご利用ください。

Groupe B2V
Service Retraite
18 avenue d’Alsace
TSA 40003
92926 La Défense Cedex

 

誠に勝手ながら下記の期間を年末年始休業とさせていただきます。

2015年12月26日(土) ~ 2016年1月4日(月)

ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

補足年金を受給される方は最近、以下の手紙と用紙が送られてくると思います。

agirc_arrco_lettre

対応につきましては、メンテナンスサポートに加入される方はこのページをご覧ください。パスワードは電話やメールでお伝えしますので、お手数ですがご連絡下さい。

なお、書類の提出期限は設けてありますので、期限ないにご提出ください。

 

昨年の10月1日に予定していた基礎年金の再評価は低インフレの影響で行われませんでしたが、2015年10月1日に行われました。

11月に支給される10月分の基礎年金より0.1%の増額が適用されました。

なお、補足年金に関しましては変動がございません。

ARRCOのポイントは 1ポイントあたり 1.25130€

Agircのポイントは 1ポイントあたり 0.43520€

Humanis補足年金機関HUMANISは 年金手続きの管理費を削減する対策として、2015年7月1日 から送金銀行を変更することになり、今後送金手数料がお客様のご負担となってきます。日本をはじめ、EU諸 国以外の国で開設した銀行口座への振込が対象となります。

この送金銀行の変更により、今後の支給は全て円建てで送金しますので、今まで三菱東京UFJの ユーロ口座を利用されていた方は、今後余分な手数料がかかってしまう場合がございます。

現在はARRCOとAgircが通常どおり個別に振り込まれていますが、お客様のご負担を減らすため、2016年 から両方の年金を一括で支給する可能性があります。こちらに関しましては進捗状況がわかり次第、改めてお知らせいたします。

また、振り込み銀行口座をユーロ口座から円口座に変更されたい方はお問い合わせください

参考資料(仏語): Humanisより国際送金に関するQ&A

Attestation d’existence、あるいは日本語で言うと「生存証明」は死亡していない事を明らかにする証明書です。フランス大使館が署名する基礎年金(CARSAT, CNAV)の請求手続きの一つの必要書類として、または年金を既に支給されている方が毎年提出しなければならないものです。

フランス語で書かれている書類ですので、未記入のまま大使館の係員に提出すれば記入して頂けましたが、2015年より記入して頂かなくなりましたので、ご申請の方の負担となります。フランス語が分からない方、忘れた方にはかなり面倒な作業になってしまいます。

フランス大使館では下記のような書き方見本が渡されるにもかかわらず分かりにくいと思います。この生存証明の記入ミスがある場合は年金の支給が遅れたり、または既に支給されている方は止まったりしますので、不安になる方が多くなっています。

Nous soussignés …. 空欄のままで結構です
De …. 空欄のままで結構です
Nom de naissance …. 姓
Prénom …. 名
Nom marital …. 結婚後の姓 – 男性の方は空欄のままで結構です
Date de naissance …. (生年月日) DD/MM/YYYY のフォーマットでご記入ください
Demeurant …. 現住所
Nationalité …. (国籍) ”japonaise” をご記入ください
A …. (場所) “Tokyo”をご記入ください
Le …. (記入した日付) DD/MM/YYYYのフォーマットでご記入ください

フランス年金申請手続きサポートにお任せして頂く方及び既に支給されている年間サポートをお願いされている方には分かりやすい書き方見本の手配すのうえ、署名してもらった書類はフランス人のスタッフがチェックしてからフランスへ郵送いたしますので、問題なく支給まで進みます。 詳しくはフランス年金申請サポートまでご気軽にご相談下さい

photo

補足年金機関AG2R La Mondialeは2015年1月7日にRéunicaを吸収合併し、会社名「AG2R La Mondiale」になりました。
AG2Rはこの合併でフランス最大の補足年金機関となりました。

Réunicaより年金を受給されている方はこの変更により特定の手続きを行う必要はありませんので、ご安心ください。
また、Réunicaで手続き中の方は、今後届く封筒や書類に「Réunica」のロゴマークの代わりに上記「AG2R La Mondiale」のロゴが付きますのでご注意ください。

10月1日に予定されていた基礎年金の物価スライドによる金額改定は結局行われません。

本来なら、本年4月に再評価が行われる予定でしたが、この10月まで延期されていました。

低インフレの影響は大きく、来年の10月までさらに延期されることになりました。

三菱UFJのユーロ口座指定で補足年金Arrco/Agirの送金をユーロ建てで依頼しているお客様にお知らせです。

ユーロ建てで送金されたい場合でも円建てで送金されてしまうケースが最近増えてきました。対象となる機関はKlésiaですが、別の機関でもトラブルが発生する場合もあります。

こちらフランス年金手続きサポートのスタッフがそのトラブルの解決につきまして対象の機関に調査をした結果、補足年金機関ではなく、送金担当の銀行が原因ということが明確になりました。残念ながら、補足年金機関は銀行の送金設定の変更はできませんので、ユーロ建での送金は不可能です。

ユーロ口座に円建てで送金されてしまうお客様には円口座を指定して頂くことをお勧めします。

ご無沙汰しております。フランス年金手続きサポートのフェイサルです。

先月はフランス・ロレーヌ地方に里帰りさせて頂きました。帰る前に、パリ、そしてTours(ツール)に住んでいる親戚に会いに行った度に中世時代よりルネッサンスにかけて築いてきてロアール地方のお城2箇所を訪ねてきました。

お客様も快適な休みを過ごされましたでしょうか?

フランス年金についてのご質問をお待ちしております。フランスでの観光などについてのご質問もあれば是非答えさせていただきます!

IMG_3716 IMG_3719 IMG_3720