29. 10月 2013 · 2013年の年金改革・フランス人の反発 はコメントを受け付けていません。 · Categories: フランス年金

【パリ=浅田信幸】パリをはじめフランス各地で年金制度の改悪に抗議するデモや集会が繰り広げられる下で、仏国民議会(下院)は15日、年金改革法案を賛成多数で可決しました。最有力労組の労働総同盟(CGT)は「まだ何も決まったわけではない」とし、続く上院での審議に「最後まで圧力をかけ続ける」決意を述べた声明を発表しました。


写真
(写真)15日、年金改悪法の採択に抗議し、パリのマドレーヌ寺院前を行進する労組のデモ(浅田信幸撮影)

抗議行動は、CGTや労働者の力派(FO)ら4労組が呼びかけました。全国151市で取り組まれ、パリでは1万5000人が参加。デモ行進の後、セーヌ川をはさんで国民議会の正面に位置するコンコルド広場で集会を開きました。

集会では4労組書記長が演説。ルポンCGT書記長は「左翼政権への期待に応えない」改悪を非難し、「雇用を増やし賃金を上げて年金を維持するようにすべきだ」と政府に注文をつけました。

オランド政権が成立を目指している年金改革法案は、保険料納付期間を41年から段階的に2035年までに43年に延長。受給開始年齢を62歳と現行通り据え置いたものの、満額の年金は67歳にならないと受け取れないしくみです。また納付額も今後4年間に労使それぞれ0・3ポイント引き上げ、政府負担の軽減を図る内容です。

一方、振動や騒音、危険物取り扱いなど「苦痛労働」にポイント制を導入します。これは労組も一致して歓迎している新たな措置。これを活用して、賃下げのない労働時間の短縮、あるいは年金受給開始を最大2年前倒しすることが可能になります。

CGTは年金制度の維持・改善のために、まず雇用の拡大と賃上げにより保険料の納付者数と納付額を増やすこと、労働によって生み出される富の再分配の在り方を見直し、投機資金や株配当金への課税強化を行うことなどを提案しています。

「新聞 赤旗」より。


 

 

 

04. 10月 2013 · 2013年の年金改革。日本に住んでいる方への影響は? はコメントを受け付けていません。 · Categories: フランス年金 · Tags: , , ,

9月、フランスでは学生の新入学シーズンですが、「政治家の入学」ともいわれます。毎年この時期に、(基礎年金の)公的年金制度を改革する法案が議会に出されます。76億ユーロをにまで達した財政赤字の対策として、今回は初めて退職されている方にも多くの負担を求めています。主な内容は以下のとおり。

  • 物価スライド

短期間の対策としては毎年4月に改定されていた物価スライドはその時期を10月に変更されます。具体的に、4月にインフレーションなどに応じて増額していた基礎年金(基礎年金機構CARSATから支給される遺族年金を含めて)は来年度は6カ月先延ばしにされ2015年10月に改定されます。仏政府はこの対策で14億ユーロの節約を試算しています。

  • 加入期間

もう一つの対策は年金を満額で受給できるための加入期間。今までは41年間(164四半期)でしたが、2020年より、41.75年間(167四半期)になり、3年毎に3四半期が増加されます。

2020年からということですので、1957年以前に生まれた方については影響ありませんのでご心配なく。

  • フランス在住の関わる変更

CSGという社会保険負債返済金の増額、今まで免除だった子供3人世帯の手当ての課税など、他に実施される対策がいくつかありますが、日本に住んでいる方には対象になりません。

 

フランスではベビーブーマー世代の高齢化が進み、年金財政にも大きな影響を与えていますが、このような対策だけで本当に乗り切れるかどうか。