09. 3月 2018 · 三菱東京UFJ銀行の行名変更について はコメントを受け付けていません。 · Categories: フランス年金

三菱東京UFJ銀行をフランス年金の受取り口座にご指定されているお客様へ、お知らせです。
 

4月1日より、三菱東京UFJ銀行は、「三菱UFJ銀行 MUFG BANK」へ行名が変更となります。

この変更に伴い、フランス年金年間メンテナンスサポートサービス(保守契約)に
ご加入中のお客様におかれましては、私共で行名の変更と、年金が継続して支払われるよう、
フランスの各機関へ手紙を送ります。

4月以降、フランス年金が正しく送金されているかどうか、ご確認いただけますと幸いです。

 

※今回の行名変更に当たり、当方では上記のお手続きをさせていただきますが、
必ずしも送金トラブルが起こらないことをお約束できるものではございません。予めご了承ください。

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合せください。

02. 3月 2018 · 京都フランス領事館 生存証明の受付を停止 はコメントを受け付けていません。 · Categories: フランス年金

在京都フランス領事館から、関西にお住まいの方にとって、とてもショックなお知らせが発表されました。
京都フランス領事館の生存証明書のお手続きについて

なんと、在京都フランス領事館は、今後生存証明書の手続きを一切受け付けないというのです…。

これにより、今後の生存証明書のお手続きは、
すべて東京の在日フランス大使館領事部でのお取り扱いとなります。

 

なお、この決定の結果、今まで京都領事館で生存証明書を取得されていた方は、
下記の3つのいづれかの方法で生存証明を取得頂くことになります。

①市区町村の役所に依頼し、生存証明書(原本)に証明してもらう
②①が断られた場合、フランス大使館発行の書類を印刷し、
その用紙に市区町村の役所で証明してもらう
(②の方法について詳しくは、フランス大使館の情報をご覧ください)
③フランス大使館(東京)に出頭し、証明してもらう

今の所、②の方法に関しては実例がないため、
フランス当局に生存を認めてもらえるかどうかは、わかっておりません。

もし、②の方法が通用しなかった場合は、
フランス大使館で生存証明を取得して頂くことになります。

当方では引続き、フランス大使館に来館が不可能な方でも
生存証明を確実に取得できる方法を調査してまいります。

何か情報がわかりましたら、このブログでお知らせいたします。