31. 1月 2018 · フランス年金 生存証明書の郵送取付について はコメントを受け付けていません。 · Categories: フランス年金

先日、京都のフランス領事館より、生存証明の取得方法について通達がありました。

フランス大使館およびフランス総領事館は、
フランス外務省より「生存証明手続きは、本人出頭により行う」との指示を受け、
今後、生存証明の認証方法が以下の1、または2の何れかの方法になる予定だそうです。

  1. ご本人のフランス大使館(東京)への出頭
  2. ご本人のフランス大使館(東京)または、フランス総領事館(京都)いずれかへの出頭

現在は未だ郵送により申請手続きを受け付けているそうですが、
大使館の方針が決まり次第、郵送等での申請手続きができなくなります。

 

次回の申請時には郵送での申請ができなくなる可能性がございますので、
事前に大使館または総領事館のホームページを確認してください。

 

遠方にお住まいで、直接フランス大使館や総領事館に行くのが難しい方も
多くいらっしゃるかと思いますが、現在、考えられる対処方法としては、
市区町村にお願いするしかないかと思います。

基本的に市区町村では「日本語以外の書類には証明しない」という
スタンスを取っているところが多いですが、
例外的に証明を発行してくれているところもあります。

 

なお、市区町村でも認証を断られてしまった場合の解決方法については、
現在、フランス年金局へ問い合せをしているところです。
何かわかりましたら、ご報告させて頂きます。

Comments closed.