09. 3月 2018 · 三菱東京UFJ銀行の行名変更について はコメントを受け付けていません。 · Categories: フランス年金

三菱東京UFJ銀行をフランス年金の受取り口座にご指定されているお客様へ、お知らせです。
 

4月1日より、三菱東京UFJ銀行は、「三菱UFJ銀行 MUFG BANK」へ行名が変更となります。

この変更に伴い、フランス年金年間メンテナンスサポートサービス(保守契約)に
ご加入中のお客様におかれましては、私共で行名の変更と、年金が継続して支払われるよう、
フランスの各機関へ手紙を送ります。

4月以降、フランス年金が正しく送金されているかどうか、ご確認いただけますと幸いです。

 

※今回の行名変更に当たり、当方では上記のお手続きをさせていただきますが、
必ずしも送金トラブルが起こらないことをお約束できるものではございません。予めご了承ください。

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合せください。

02. 3月 2018 · 京都フランス領事館 生存証明の受付を停止 はコメントを受け付けていません。 · Categories: フランス年金

在京都フランス領事館から、関西にお住まいの方にとって、とてもショックなお知らせが発表されました。
京都フランス領事館の生存証明書のお手続きについて

なんと、在京都フランス領事館は、今後生存証明書の手続きを一切受け付けないというのです…。

これにより、今後の生存証明書のお手続きは、
すべて東京の在日フランス大使館領事部でのお取り扱いとなります。

 

なお、この決定の結果、今まで京都領事館で生存証明書を取得されていた方は、
下記の3つのいづれかの方法で生存証明を取得頂くことになります。

①市区町村の役所に依頼し、生存証明書(原本)に証明してもらう
②①が断られた場合、フランス大使館発行の書類を印刷し、
その用紙に市区町村の役所で証明してもらう
(②の方法について詳しくは、フランス大使館の情報をご覧ください)
③フランス大使館(東京)に出頭し、証明してもらう

今の所、②の方法に関しては実例がないため、
フランス当局に生存を認めてもらえるかどうかは、わかっておりません。

もし、②の方法が通用しなかった場合は、
フランス大使館で生存証明を取得して頂くことになります。

当方では引続き、フランス大使館に来館が不可能な方でも
生存証明を確実に取得できる方法を調査してまいります。

何か情報がわかりましたら、このブログでお知らせいたします。

28. 2月 2018 · フランス社会保障維持負担金の増額について はコメントを受け付けていません。 · Categories: フランス年金

フランス補足年金を受給されている方にお知らせです。

今まで、補足年金を受給されている方におかれましては、
4.2%の「フランス社会保障制度維持負担金」(Cotisation d’assurance maladie)、
通称COTAM が受給金額から差し引かれていました。

 

ところが、今年2月よりその割合が1.7%増加し、
今後は、受給金額の5.9%が天引きされることとなりました。

そのため、毎月受給されている方は2月から、
3カ月に1度受給されている方は4月から、実際の受給金額が変更となります。

 

なお、このCOTAMは、フランス国外にお住まいで、補足年金を受給されている場合、
必ず差し引かれる費用であり、免除することはできません。
(COTAMは税金ではございません)

19. 2月 2018 · 生存証明書に関するフランス大使館の決定について はコメントを受け付けていません。 · Categories: フランス年金

先日、フランス大使館より正式に、
今後の生存証明書の取得に関して発表がございました。

 

結果として、非常に残念なことに、今後フランス大使館では
郵送による生存証明の請求は、受け付けないこととなりました…。

 

なお、遠方にお住まいの方は、まずは市区町村の役所で
署名を依頼してみてください。

 

役所で、日本語の書類でないと、署名できないと言われた場合は、
下記の方法により、証明を取得していただくことになります。

①フランス大使館作成の書式を印刷
コチラからダウンロードできます。

②必要事項をローマ字で記入

③居住地の市区町村役所で、書式のグレー部分の記入を依頼

④下記3点を同封のうえ、フランス年金局へ返送
・記入してもらった書式(原本)
・フランスからの生存証明書(原本)
・身分証明書のコピー

 

なお、市区町村でフランス大使館作成の書類にも署名してもらえなかった場合は、
現状、フランス大使館、もしくは京都領事館に出頭していただくほかございません。

また、市区町村で署名して貰えた場合でも、
フランス年金局がその書類を受理するかどうかは、まだ実績がないので何とも言えません…。

フランス年金当局に大使館作成の書類を拒否された場合も、
フランス大使館もしくは京都領事館に出頭して、証明を取り直していただくことになります。

(ちなみに、その他の対処法については、未だ調査中です)

なお、今回の決定については、フランス大使館のホームページもご覧ください。
https://jp.ambafrance.org/article6700

31. 1月 2018 · フランス年金 生存証明書の郵送取付について はコメントを受け付けていません。 · Categories: フランス年金

先日、京都のフランス領事館より、生存証明の取得方法について通達がありました。

フランス大使館およびフランス総領事館は、
フランス外務省より「生存証明手続きは、本人出頭により行う」との指示を受け、
今後、生存証明の認証方法が以下の1、または2の何れかの方法になる予定だそうです。

  1. ご本人のフランス大使館(東京)への出頭
  2. ご本人のフランス大使館(東京)または、フランス総領事館(京都)いずれかへの出頭

現在は未だ郵送により申請手続きを受け付けているそうですが、
大使館の方針が決まり次第、郵送等での申請手続きができなくなります。

 

次回の申請時には郵送での申請ができなくなる可能性がございますので、
事前に大使館または総領事館のホームページを確認してください。

 

遠方にお住まいで、直接フランス大使館や総領事館に行くのが難しい方も
多くいらっしゃるかと思いますが、現在、考えられる対処方法としては、
市区町村にお願いするしかないかと思います。

基本的に市区町村では「日本語以外の書類には証明しない」という
スタンスを取っているところが多いですが、
例外的に証明を発行してくれているところもあります。

 

なお、市区町村でも認証を断られてしまった場合の解決方法については、
現在、フランス年金局へ問い合せをしているところです。
何かわかりましたら、ご報告させて頂きます。

24. 11月 2017 · フランス年金 2017年の物価スライド はコメントを受け付けていません。 · Categories: フランス年金 · Tags: , , ,

10月にフランス基礎年金の物価スライドが発表されました。
 
フランスの年金額は、毎年再評価されますが、
ここ数年は低インフレの影響で延期されていました。
 
今回の物価スライドでは、基礎年金について前年比0.8%のUPです。
11月支給分より年金額が改訂されます。
 
なお、補足年金については、少なくとも2018年11月まで、
ポイントの再評価は行われない予定です。

05. 7月 2017 · フランスの遺族年金について はコメントを受け付けていません。 · Categories: フランス年金 · Tags: , ,

Bonjour,
最近、遺族年金に関してのご質問をいただくことが増えてきましたので、
今回のブログでは、受給条件等について簡単にお伝えします。

 

 受給条件 

● 結婚
遺族年金は、フランス年金を受給されていた(加入されていた)方が亡くなられた後、
その方と結婚されている、もしくは結婚されていた方に支給されます。

なお、補足年金については、申請者が再婚した場合、遺族年金は付与されません。
再婚直前まで遺族年金を受給されていた場合は、再婚後は受給できなくなります。

 

●年齢

基礎年金 55歳以上
補足年金 ARRCO 55歳以上
AGIRC 60歳以上(※)

※Agircは55歳まで繰り上げ受給が可能です。その場合、減額を伴っての受給となります。
ただし、条件によっては減額されない場合があります。

 

 受給金額 
More »

07. 6月 2017 · 基礎年金の子供手当について《Majoration maternité》 はコメントを受け付けていません。 · Categories: フランス年金 · Tags: , ,

Bonjour,
フランスの出産・子育て支援には、様々なものがありますが、
年金においても例外ではありません。

今回は、子どもを育てた場合に適応される、基礎年金の特別制度についてお知らせします
family

Majoration pour enfants
3人以上のお子様がいらっしゃる場合は、被保険者に10%の年金額の加算があります。

 

Majoration maternité
女性被保険者に適応される制度で、
フランス年金を申請される方が、「子を持つ母」の場合適応されます。
具体的には、育てた子ども1人につき4四半期(1年)※の保険加入期間の加算があります。
(une majoration de leur duree d’assurance)

※女性被保険者の状況により、最大8四半期(2年間)まで加算されます。
男性被保険者には加算されません。

基礎年金の受給金額の計算式上、加入期間が長くなると、その分、受給金額も多くなりますよ!

 

フランス年金について、詳しくは当方へお問い合せ下さい。
 ↓↓↓

お問い合わせはこちら

 

17. 3月 2017 · 補足年金Agirc et Arrco からのお手紙 はコメントを受け付けていません。 · Categories: フランス年金 · Tags: , , ,

補足年金を受給されている方にお知らせです。

最近、下記のような手紙を受け取られる方がいらっしゃいますので、対応についてお伝えいたします。

agirc_arrco_lettre

こちらは、補足年金の生存証明書の提出を求める手紙であり、
書類の提出期限内に生存証明を取得し、フランスへ返送する必要があります。

対応につきましては、メンテナンスサポートに加入されている方はこちらのページをご覧ください。
パスワードは電話やメールでお伝えしますので、お手数ですがご連絡下さい。

18. 1月 2017 · フランス年金メンテナンスサービスの募集を開始します はコメントを受け付けていません。 · Categories: フランス年金

Bonjour,
このところ寒い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて、今年もメンテナンスサービス(年間保守契約)の募集を開始いたします。

support

■年間メンテナンスサポートサービスとは?
当サービスでは、フランス年金申請の手続きをサポートさせて頂いたお客様を対象に、
年間メンテナンスサポートサービス(保守契約)をご用意しております。

お客様よりご要望の多かった確定申告用の計算基礎資料の作成、各種変更手続き、
年金相談など、お客様に取りまして有益な内容となっております。
More »