05. 7月 2017 · フランスの遺族年金について はコメントを受け付けていません。 · Categories: フランス年金 · Tags: , ,

Bonjour,
最近、遺族年金に関してのご質問をいただくことが増えてきましたので、
今回のブログでは、受給条件等について簡単にお伝えします。

 

 受給条件 

● 結婚
遺族年金は、フランス年金を受給されていた(加入されていた)方が亡くなられた後、
その方と結婚されている、もしくは結婚されていた方に支給されます。

なお、補足年金については、申請者が再婚した場合、遺族年金は付与されません。
再婚直前まで遺族年金を受給されていた場合は、再婚後は受給できなくなります。

 

●年齢

基礎年金 55歳以上
補足年金 ARRCO 55歳以上
AGIRC 60歳以上(※)

※Agircは55歳まで繰り上げ受給が可能です。その場合、減額を伴っての受給となります。
ただし、条件によっては減額されない場合があります。

 

 受給金額 

・基礎年金:亡くなった方の受給金額の54%(資産・収入により減額あり)
・補足年金:亡くなった方の受給金額の満額の60%

年金基金・申請者の状況により、受給率は異なることがあります。
遺族年金は、亡くなられた方の受給金額を上回ることはありません。

 

 フランス遺族年金の請求は私共にお任せください! 

フランスの遺族年金は、自動的に支給が開始されるものではないため、
待っているだけでは受給できません。
必ず、自分から申請する必要があります。

しかし、請求しようにも、ただでさえ複雑な年金のシステムに加え、フランス語でのやり取り…
ご自身で請求されるのは、なかなか大変かと思います。

そこで当方では、フランス老齢年金の請求だけでなく、
遺族年金についてもサポートさせていただいております。

フランスの遺族年金の手続きでお困りの方は、ぜひ一度、当方へご相談ください。

↓↓↓

お問い合わせはこちら

 

※参考(仏語):CARSAT(基礎年金)Agirc et Arrco(補足年金)

Comments closed.