優良派遣事業者認定制度審査機関社会保険労務士法人すばるは、グローバルなビジネスの舞台で人事労務面から顧客の皆様をトータルサポートいたします。

メニュー ホーム ごあいさつ 事業内容 事務所案内 お問合せ English site

社労士法人すばるの東南アジア現地レポート

ミャンマーにおけるITオフショア開発の魅力について

中国からベトナム、そしてミャンマーへ

多くの日系IT企業は、中国の人件費高騰によって、これまでは中国の次にベトナムをターゲットにしてきました。ただそのベトナムも既に大手企業のみならず、中小企業も数多く進出していて、優秀な人材の確保が難しくなってきています。

 

加えてベトナム人は日本語習得が苦手のようで(逆に日本人にもベトナム語習得は大変難しいようです)、システム開発にともなう仕様書の理解力や、発注者である日本人とのコミュニケーションに難があります。 そうした中、現在とても注目されているのがミャンマーです。

 

日系企業がミャンマーに注目する理由について

人件費の安さ

ミャンマーの大卒の初任給は中国の5分の1、ベトナムの3分の1程度の水準で、かなりの競争力を持っています。

日本語習得能力の高さ

これは良く言われることですが、ミャンマー語(ビルマ語)と日本語の語順は同じで、単語をある程度覚えるとすぐに文章が作れるようになります。アジアの各言語の中でもミャンマー語が最も日本語と親和性が高いと言われています。

熱心なIT教育

ミャンマー第1の都市ヤンゴンには、IT専門学校が100校以上あり、多くの学生が専門知識の習得に熱心です。

日本人に似た国民性

人口の9割が仏教徒であり、両親をはじめ目上の人を敬います。物静かで勤勉な人が多く、自己主張も控えめですので、チームプレイを求める日系企業には最適です。
またこれも良く言われていますが、ミャンマーは昔イギリス領でしたので早いうちから英語教育が始まり、現在は大学の授業も英語で行われていますので、英語力にも長けています。

 

日系企業のミャンマー進出について

現時点でミャンマーIT業界への海外からの投資は、日本がトップです。
日本企業がミャンマーへの見方を変えたのは、軍事政権から民主政治への移行が進み、それにともなう経済開放路線への転換が契機となりました。また上記の4つの理由も重要なポイントです。
現在盛んに日本からの視察ツアーが実施されていて(IT業界に限ったことではないですが)ヤンゴン市内ではホテルの確保が難しいほどです。

 

今後のミャンマーの課題について

まずは電力と通信インフラです。残念ながらヤンゴン市内でも停電は頻繁に発生していますので、オフィスには自家発電装置が必須です。インターネットの速度もまだまだ遅いです。
それから今後は優秀な人材の取り合いが予想されます。ベトナムのように人材確保が困難になる日もそう遠いことではないかもしれません。
最後に不動産価格の高騰があります。オフィスや日本人駐在員向けのマンション、アパートが圧倒的に不足しています。需要と供給のバランスが取れていないため、賃貸料の高騰が心配されています。
ただし、これらの問題はすべてミャンマーに限ったことではありません。ひとつひとつハードルを乗り越えていくことが、ミャンマーでの成功に繋がっていきます。

 

最後に

 現在規模の大小を問わず多くのIT企業がミャンマーでのオフショア開発に注目しています。既に進出を決定している企業もあり、2013年3月現在、新たに10社程度が会社設立を申請している模様です。

 

 

ミャンマーのITオフショア開発の現状と魅力についてでした。
ご興味を待たれた方はこちらまでご連絡ください。E-mail:info@subaru-sr.jp

ミャンマー  現地対応 就業規則・雇用契約書を作成いたします。<現地語対応可>
お問い合わせはこちらから>>

 

前号へ >>


△このページのトップへ
社会保険労務士法人すばる 〒104-0031 東京都中央区京橋3-12-4 マオビル9F  TEL 03-6264-4818 FAX 03-6264-4817